ランキング
  利尻昆布 トリートメント
レフィーネ 
ピュアハーバル・ヘアカラー
 

白髪染めの知識
  白髪染めの種類について
失敗しない白髪染めの選び方
白髪染めカラーの賢い選び方
白髪染めのパッチテスト
白髪染めとアレルギー
 

目的で選ぶ白髪染め
  シャンプータイプの白髪染め
白髪染めを使い分ける
髪全体を染めるタイプ
ポイント・部分染めタイプ

 

白髪について
  白髪の原因
白髪は抜くと増えるの??
白髪の予防と対策

 

白髪染め商品一覧
  RKヘアカラートリートメント
レフィーネ
ピュアハーバル・ヘアカラー
いつまでも黒髪サプリ
サンカラーマックス
螺髪EXシャンプー
黒耀シャンプーQS&黒耀ヘアパック
白髪染め黒耀ポイントケア
 



リンク集
   

リンク集
  にんにく卵黄
グルコサミン
白髪染め
毛染め
抜け毛 対策
 

メニュー
  トップメニュー
免責事項
運営者情報
お問い合わせ
相互リンク募集中

 
 
 



白髪染めの種類について

 
白髪染めとひとくくりしても、
実は選べるほどの種類が発売されているのをご存知ですか?


それはヘアカラー、ヘアマニキュア、シャンプー、一時染めの4タイプ。
シェア、人気ともに良く耳にするのはヘアカラーですが、
どれを選ぶかは、あなた次第。

それぞれメリットとデメリットがありますから、
自分にはどのタイプが合っているのを確認して購入のヒントにしましょう




 
 
 ヘアカラータイプ

白髪染めとしてはもっともポピュラーでスタンダードなヘアカラー。

髪の毛を脱色しながら染め上げるので、
染毛度が高く、発色も持続することから「永久染毛剤」とも呼ばれています


髪色を長持ちさせたい方はもちろん
白髪をきっちり染めたい、
髪色をはっきりとチェンジしたい方にもおすすめです。

デメリットといえば刺激がやや強いこと。
肌の弱い方はかゆみなどの症状に悩まされるかもしれません。

 
 
 ヘアマニキュアタイプ

髪の毛を脱色せずに髪の毛の表面に色を浸透させていくのがヘアマニキュア。

劇的な変化は得られないので、
自然な感じで仕上げたい方におすすめです
白髪は自然に、黒髪は光の下でほのかに色味が変わる程度になります。

また、髪の毛が痛んでいる方や
染毛を気軽に初めてみたいという方にもおすすめな方法
です。

ヘアカラーほど刺激がないので、敏感肌の方にもぴったり。

デメリットは色味が長持ちしないこと。
その分、多少の手間がかかります。

 
 
 一時染めタイプ

一時染めの良さは、
気になる部分だけを必要なときだけ染めることができる
ところ。

スティックやスプレータイプなどがあり、手軽に使用できます。
髪の毛の表面に一時的に色を乗せるだけなので、洗髪すれば落とすことができます。

ヘアカラーやヘアマニキュアをするまでの間、
急な外出や来客、旅行などに使用したい方におすすめ

髪や頭皮への負担はないですが、
洗髪すれば落ちてしまうので、長持ちはしないというデメリットがあります。

 
 
 シャンプータイプ

毎日行う洗髪を利用して髪の毛を染めていく方法です。

シャンプータイプなので、隅々まで染めることができ、
カラーリングのように待ち時間がないことがメリットとしても上げられます


デメリットは染まるまでに時間(日数)が必要になること。
そして、カラーリングに比べて染料が弱く色味が髪の毛に入りにくいという点です。

手軽ですが、髪質や肌質によって合う合わないが出てきますので、
探すのも一苦労になるかもしれません。

 
 
 
 
Copyright c 2010-ashiyashisogokoen.jp. All Rights Reserved.